カミーノ日記2019:スペイン巡礼、フランス人の道780km + 120km

2019年4~5月、カミーノ・デ・サンティアゴ、フランス人の道を歩いてきました。

装備の振り返り②実際に持って行ったものレビュー

装備の振り返りその②です。行く前にカミーノハイで、以下の記事でご紹介したような装備品をいろいろ買っちゃったのですがw、実際使ってみてどうだったかをレポートします。

  

 

バックパック

ミレー サースフェー(S)30+5L Womanモデル

大きさも担ぎやすさも大満足。実はこれ、カラでも1.5kgくらいあります。軽量化は重要ですが、バックパック自体は少々重くても、担ぎやすいものを選んだほうがいいなと思いました。私は重度の肩こり持ちですが、全行程で、荷物の重さはほとんど気になりませんでした(少々特殊な担ぎ方をしています...後日記事にします)。

 f:id:pechinda:20190625110439j:image

 

このバックパックで、特にカミーノで重宝したのは、拡張可能なウェストベルトのポケット。折りたたんであるマジックテープを外すと、縦に倍くらいに伸ばせるのですが、ここがマップとクレデンシャルを入れるのにぴったり!担いだまま手元ですぐ出せるので、重宝しました。

 f:id:pechinda:20190625101957j:image

 

ちなみにカミーノに来ている人のバックパックは、Osprey率がめちゃめちゃ高かったです!次がQuechua (デカトロンのオリジナルブランド)かな。Osprey担いでる人は「これ選んでよかった」って言ってたから、きっと使いやすいんだろうな。Milletはフランスのメーカーなのに、フランス人の道ではほとんどみかけなかったし、「それ日本製?担ぎやすそうね」なんて言われたことも何度かありました。 

スタッフサック

できるだけ薄くて軽くて安価で買えるものを探していて買ったのがこちら。

3サイズセットで、バックパックに入れるのにちょうどいいサイズでした。完全防水ではないけど、ひもの留め具もついているし、開け閉めもしやすくて使いやすかった。一番小さいのにガジェット類、中型のに薬や洗面道具、洗濯用具など、一番大きいのに衣類を入れてました。なんといっても軽い!

 

トレッキングポール

トレッキングポールは使ってない人も多いですが、ポール使えば脚の負担をかなり軽減できると思います。私は毎日使いました。でも、日本の登山用品屋さんでそれなりのを買うと、結構高いですよね...

 

フランス人の道はそんなにアップダウンが激しくないので、正直そんなにいいものでなくてもこと足りると思います。現地で、1本10ユーロ、2本で15ユーロくらいで売っているので、現地調達してもよいかも。

 

それか、道端で拾った木を杖にするのも巡礼者っぽくていい。私も次に行くときは木の杖にするw

 f:id:pechinda:20190625102848j:image

 

今回は、以前熊野古道に行くときに買ったこれを持って行きました。安いし軽いし、900km問題なく使えました。

 

 

ハードシェル/レインウェア

モンベル ストームクルーザー

カミーノ中、日本人には8人くらいお会いしましたが、ストームクルーザー率の高さよ...。もはやカミーノではド定番のジャケットと言ってもよさそう。アジア人では韓国人が圧倒的な多さですが、モンベル着てたら「あ、日本の方ですね」とすぐわかる。

 

4~5月は昼間は結構暑いですが、朝はまだ冷え込むので、ストームクルーザーはレインウェアというよりは、ウィンドブレーカーとして防寒用に着ていました。だいたい、朝ごはんのバルで脱いで、バックパックにしまう感じ。薄くて軽くてたたむとコンパクトだし、機能の割に値段も安いので、やはりこれにしてよかったです。今回のカミーノで、ジャケットといい靴といい、モンベルの実力をいろいろ思い知りました。

 サポートタイツ

ワコール CW-X ジェネレーターモデル

1着だけ持って行って、毎日はいてました。ストームクルーザー同様、日本人巡礼者のこのタイツの着用率の高さよ。私は毎日着用だったので、はいてないときの違いが今一つわかりませんがw、カミーノ中に会った愛用者は「全然違いますよ!」とゆーてました。ちなみに、100%このタイツのおかげってことはないとは思いますが、全行程で一度も筋肉痛にはならなかったし、脚が疲れたと思うこともありませんでした(自分で思ってた以上に健脚だったらしいw)。

 

私は膝に古傷があって、調子が悪くなると水がたまっちゃいます。そこが一番心配だったのでサポートタイツを持って行きました。で、幸い、膝にも最後まで問題は起きませんでした。

 

厚みもあるので、少々寒い日(5月なのに雪降った日があった)でも、このタイツ(+スカート)だけで大丈夫でした。直射日光当たらないので、暑くもないし。

 

締め付けがきつめなので、人によって合う、合わないはあると思いますが、サポート力はかなりあると思います。あと、毎日洗わなくてもいいし、水洗いしてもすぐ乾くので、軽量化とコスト削減のためにも、持っていくのは1本だけでよいと思います(破かないよう気を付けてね)。

 

ちなみに、女性なら、タイツの上にはくのは短パンや長ズボンよりスカートをおすすめします(冬は除く)。なぜなら

  • タイツがきつめなので、スカートのほうがトイレに行くとき上げ下ろしが圧倒的に楽
  • アルベルゲで着替えの時、パンいちにならずにすむ(ま、みなさん平気でパンいちでうろうろしてるけどw)

 

 

ウェストポーチ

UpAStorm ボトルホルダー付き

 ボトルホルダー付きのウェストポーチは、強力におすすめしたい!

  • すぐ水を手に取れる
  • バックパックが重くならない(水だけで1kg前後違うのは大きい!)

のはもちろんなのですが、ウェストポーチは貴重品入れも兼ねるので、常に身に着けています。すると思いがけず、ボトルホルダー部分が宿でもめっちゃ役に立ちました。

  • 洗面時、歯ブラシやクリーム類を立てていける
  • 洗濯時、洗濯ばさみを詰め込んでいける
  • なんならベルト部分にタオルとかS字フックをはさんで、さらにいろんなものぶら下げていける(見た目怪しいけど)

ちょっとしたことですが、毎日のことなので、これがとても便利でした。

 

このポーチは、正直ぺなぺなした作りですが 、その分軽くてコンパクトなので、寝袋に突っ込んで寝るのにも邪魔にならず、ポケット部分の内側に仕切りがあるので使いやすかったです。


f:id:pechinda:20190625102046j:image

パスポート、コンデジ、キャッシュ、財布、5.5インチのスマホがムリなく入りました。残念ながら、SJPPで買ったフランスのクレデンシャルはサイズの関係で入らず。一回り小さいスペインのクレデンシャルなら、ギリ入ります(キツキツだけど)。

 

ボトルホルダーも結構深いので、800mlのボトルもぐらつかずしっかり入りました。バックパックのウェストベルトがしめにくくならないか心配でしたが、特に重なることもなく、問題なく同時に身に着けられました。

 

 

 

靴とインソール

モンベル ラップランドストライダ

スーパーフィート

 

またカミーノに行くとしたら、私はまたこの靴を選ぶ。それくらい、ラップランドストライダーは私の足にフィットしました。

f:id:pechinda:20190625104249j:plain

900kmありがとうな。

 

まあ靴は特に個人差があるので、一概にこれがベストとは言えないですが、私の場合は、薄手の五本指靴下+厚めの登山用靴下に、スーパーフィートラップランドストライダーで、マメは1つもできず、足のどこかが痛くなることもありませんでした。日本のメーカーだから、幅広甲高にフィットしやすいのかな?

 

グリップ力もあって、結構急な下りのガレ場でも、滑って転ぶこともありませんでした。私下りでよく転ぶんですけど...

 

 

寝袋

AEGISMAX コンパクトグースダウン

 春(多分秋もいける)のカミーノで、お手頃価格の軽い寝袋をお探しなら、これ強力におすすめ!聞いたことないメーカーだし、なかなかインパクトのある色だし、正直おそるおそるポチったのですが、安いのに高機能で、とても使い勝手がよかったです。
 
おすすめポイント
  • 安い(ちょっと値上がりしたけど、それでも1万円しないで買える)
  • めっさ軽い(Mサイズなら440g。カミーノで軽さは正義)
  • 小さくてかさばらない
  • コンプレッションバッグもぺらぺらなのにしっかりしてて、詰め込みやすい(朝もらくちん)
  • 生地の肌触りがいい(さらさらしてる)
  • 色が、実際広げてみると結構ポップでかわいい
  • しっかりあったかい(ダウン着るくらい宿が寒いときでも、薄手の寝巻でもぐりこむだけで十分温かかった)
 
マミー型といっても頭部がない、封筒型に近いタイプですが、身長160ちょいの私なら、Mサイズに頭まですっぽりもぐりこめるので、開口部をひもで調節すれば頭部もカバーできました。
 
アルベルゲで広げていると、何回か「この寝袋いいねー。どこの?」と声をかけられたり、チェックしたいから写真撮らせて、と言われたりもしましたよー。
 

f:id:pechinda:20190625103940j:plain

けっこうかわいくない?

温かすぎて、夜中にファスナー全開にして、敷いて寝ることもあったので、夏はちょっと暑いかもしれない。防寒効果は、建物の中で使用するなら全く問題ないと思います。
 
「獣臭い」というレビューもあるけど、私は気になったことはないです(モノによって差もあるのかな)。
 
 

 
モバイルバッテリー

Anker PowerCore Fusion 5000

 重量はそう軽くはないけど(189g)充電器を兼ねているので、アイテム数を減らせるという点でこれにしてよかった。あと、ポートが2つあるので、電源が少ない時などにポートシェアできるのもよいです。スマホ1回分は充電できるので、容量足りないこともありませんでした。
 

 

レインポンチョ

Caloicsレインコート

装備品公開の記事をあげたあと、「ポンチョ持って行ったほうがいいですよ」というアドバイスをいただいて、急遽追加したアイテム。確かに持って行って本当によかった。雨が降って来たとき、ばさっと荷物ごとすばやくかぶれるし、ショルダーベルトやウェストベルト部分もカバーできる。でも、ポンチョだけだと風が強い時にめくれちゃうので、ちょっと荷物にはなりますが、雨天時はハードシェル+ザックカバーの上からポンチョをかぶる、2枚重ね対応が安心かと思います。身体もだけど、荷物濡れるとめんどくさいことになりますからねー。

 

このえせマリメッコみたいなお花柄、けっこうかわいいw

ケースもついてるし、お値段お手頃で生地もしっかりしてるし、ほかのデザインもいろいろあります。

 

 

以上、いろいろ軽さとコスト重視で選びましたが、機能的にも十分当たりでした。

 

※なお、この記事でご紹介する商品の一部はアフィリエイトプログラムに参加してリンクしています。使用感等はあくまで個人の感想ですので、ご購入の判断は個々の責任においてお願いいたします。特に登山用品の安全性は、使用する状況によって大きく変わりますので、慎重にお選びください。